経営業務の管理責任者とは何をする人ですか

建設業を営む上での経営の責任者のことで、建設業の経営経験が無い人に許可を出さないようにするための要件です。

通常ですと会社の社長や個人事業主が該当しますが、会社の場合は社長でなくても取締役の中で一人建設業の経営経験がある方がいればOKです。

個人事業の方ですので、事業主本人か支配人が建設業の経験があればOKです。

では、どのくらい建設業の経営経験が必要かといいますと、申請しようとする業種の経営経験であれば5年以上、申請しようとする業種以外の業種の経営経験であれば7年以上が必要となります。

具体的にいいますと、例えば個人事業主として大工を6年間やっていた場合には、大工工事の業種で経営業務の管理責任者となることができます。

これが個人事業主として大工を7年間やっていた場合には、大工工事及び大工工事以外のすべての業種の経営業務の管理責任者となることができます。

許可が取れるのかを気軽に知りたい方へ

御社が建設業許可を取得できるのかを無料で回答いたします。必要項目に入力していただければ回答を返信いたします。
もし、建設業許可が取れそうにない場合であっても、どのようにすれば許可が取れるのかを回答させていただきます。
もちろん依頼をしなくても構いませんので、気軽にご利用くださいませ!