建設業許可証明書とは何ですか?通知書とは違うのですか?

書類

建設業許可証明書と建設業許可通知書は名前は似ていますが違うものです。

建設業許可通知書とはどんなものか

建設業許可申請を新規、更新、業種追加の申請をして新たに許可をもらった場合に送付されてくるものが「建設業許可通知書」です。

千葉県の場合ですと下記のような様式です。

許可通知八街K

許可を取った事業者名、代表者名、通知書の日付、許可番号、有効期間、業種が記載されています。

初めての取引先に「許可証のコピー持ってきて」などと言われると、この許可通知書を使用することが多いでしょう。

それでは「建設業許可証明書」はどんなときに使うのでしょうか。

建設業許可証明書とはどんなものなのか?

建設業許可証明書とは許可業者が下記の建設業許可証明願(千葉県の様式)を出すことによって自らの最新の許可情報について証明をしたい場合に使用するものです。
他社の許可状況を確認するには、取引先に建設業許可証明書の提出をお願いすることになります。

前述の建設業許可通知書は許可を取ったことはわかりますが、最新の内容なのかはわかりません。

5年前に許可を取っているけども、それから業種の増減や一般と特定の変更などがあるかもしれません。
最新の情報を確認したい場合には「許可通知書」ではなく「許可証明書」を利用しましょう。

建設業許可証明書

 

許可が取れるのかを気軽に知りたい方へ

御社が建設業許可を取得できるのかを無料で回答いたします。必要項目に入力していただければ回答を返信いたします。
もし、建設業許可が取れそうにない場合であっても、どのようにすれば許可が取れるのかを回答させていただきます。
もちろん依頼をしなくても構いませんので、気軽にご利用くださいませ!