専任技術者とは何をする役割の人ですか

専任技術者とは工事内容を理解し、工事請負契約の締結及び施工を適切に行うために営業所に常勤して専門的に業務に従事する役割をする人のことです。

経営業務の管理責任者が経営の責任者、専任技術者が工事の責任者という訳です。

専任技術者になれる方は資格保有者又は実務経験がある技術者です。
専任技術者は経営業務の管理責任者と同じ人が兼ねることもできます

一人の専任技術者が複数の業種において専任技術者となる要件を満たしている場合には、複数の業種の専任技術者となることができます。

ただし、実務経験のみで専任技術者になる場合には一つの業種ごとに10年の実務経験が必要となりますので、復習の業種の許可を取得したい場合には注意が必要です。

例えば大工と管工事の2つの業種の許可が欲しい場合は、

大工で実務経験10年
管工事で実務経験10年

合計で20年分の実務経験証明が必要となりますので、注意しましょう。

資格があると必要な実務経験年数が少なくなったり、不要になったりしますので是非、資格取得をされておくと良いでしょう。

また、専任技術者は経営業務の管理責任者と兼任することができますので、一人親方の方でも建設業許可を取得できるようになっています。

 

許可が取れるのかを気軽に知りたい方へ

御社が建設業許可を取得できるのかを無料で回答いたします。必要項目に入力していただければ回答を返信いたします。
もし、建設業許可が取れそうにない場合であっても、どのようにすれば許可が取れるのかを回答させていただきます。
もちろん依頼をしなくても構いませんので、気軽にご利用くださいませ!