どうやって経営経験が不足していた場合に建設業許可を取得したのか

足りません

市原市のUさんは、長年、管工事に携わっていましたが、ある日元請さんから「今度から建設業許可を取ってもらわないと、仕事を回せなくなった」と告げられました。

建設業許可についてよく知らなかったUさんは、慌ててネットで情報を集めているうちに私に連絡をくれました。

Uさんの話では親子2代に渡って同じ仕事をしており、Uさんはお父さんが経営する会社で修行したのち、独立して現在の会社を立ち上げたのでした。

しかし、Uさんが独立してからまだ4年弱。
経営業務の管理責任者の要件である5年の経営経験がありません。

これでは要件を満たさないので、このままでは建設業許可は下りません。
そこで目を付けたのがUさんのお父さん。

Uさんのご近所に住んでいて、管工事会社を経営しているとの事。
Uさんと同じ管工事の会社を経営しているのですから、経営経験が5年以上あります。

しかも、お父さんの会社は年齢のこともあり、仕事の量を抑えているとの事。

さらにお父さん夫婦で役員になっているため、お父さんが取締役から抜けても会社は運営出来そうだという事。

そこでお父さんには会社の代表取締役から外れてもらい、お母さんを代表取締役になってもらいました。

お父さんはUさんの会社で経験を伝える役になってもらったのです。

こうして全て要件を満たすことができ、Uさんは建設業許可を取得することができたのです。
Uさんは、お父さんから経験を学び、仕事を順調に受注しています。

許可が取れるのかを気軽に知りたい方へ

御社が建設業許可を取得できるのかを無料で回答いたします。必要項目に入力していただければ回答を返信いたします。
もし、建設業許可が取れそうにない場合であっても、どのようにすれば許可が取れるのかを回答させていただきます。
もちろん依頼をしなくても構いませんので、気軽にご利用くださいませ!