法定外労災に加入していないと大変なことになるかもしれません

発狂

ある工場で作業中の従業員さんが高所作業場より落下して亡くなる事故がありました。
その会社では労災保険には加入していましたが、法定外労災に加入をしていなかったため、遺族から多額の賠償金を請求されてしまいました・・・

これは実際に起きた事故の話です。

法律で加入が義務付けられている労災保険には加入していたものも、労災保険で補償してくれる範囲を超えて損賠賠償を請求された場合には自己資金で支払う他ありません。
そんな時のためにあるのが「法定外労災」なのです。

自動車で例えますと、通常の労災保険が「自賠責保険」、任意保険が「法定外労災保険」となります。
どうしたら加入できるかというと大きな保険会社であれば、たいてい扱っていると思いますので、お付き合いのある保険会社に確認してみると良いでしょう。

経営事項審査を受審されている会社であれば点数がアップしますので、もしもの時の備えと経営事項審査の点数アップの両方の面でプラスになります。

保険会社には建設業者向けの保険プランがある場合がありますから、担当者に聞いてみると良いでしょう。
建設現場で労災事故を起こしてしまうと「建設業許可の取り消し」に該当してしまう場合もありますので、安全の確保をお願い致します。

許可が取れるのかを気軽に知りたい方へ

御社が建設業許可を取得できるのかを無料で回答いたします。必要項目に入力していただければ回答を返信いたします。
もし、建設業許可が取れそうにない場合であっても、どのようにすれば許可が取れるのかを回答させていただきます。
もちろん依頼をしなくても構いませんので、気軽にご利用くださいませ!