建設業許可更新の印紙はいくら必要なの?

印紙

【目次】

建設業許可の更新にはいくらの印紙が必要なのか

建設業許可の許可に関わる申請の際には千葉県に支払う審査手数料が必要になります。都道府県知事許可の場合は収入印紙ではなく収入証紙で新規申請は9万円を支払っていますが、初めての更新ではいくらが必要になるのかは気になるところです。
※都道府県知事許可の手数料の支払いは収入印紙ではなく各都道府県が発行する収入証紙での支払いになります。

新規申請は1回ですが更新申請は5年に1度やってきますので、建設業許可を持っている間はずっと必要な費用だからです。

どのような手続きをするかによって金額も異なりますので、御社がどのパターンに該当するのかをチェックしてから印紙を購入するようにしましょう。

更新の種類によって金額が異なります

印紙の金額は手続きによって異なります。
下記のパターンがありますので、確認しておきましょう。

※都道府県知事許可の場合です。

1.今までと同じ 5万円

2.業種追加申請も同時にする ※一般・特定のどちからのみ 10万円
※一般又は特定の一方のみを業種追加し一般と特定の両方を更新する場合 15万円
※一般と特定の両方について業種追加し一般と特定の両方を更新する場合 20万円

3.一般許可申請または特定許可申請を同時にする 14万円

4.業種追加申請と併せて一般許可申請または特定許可申請を同時にする 19万円

購入できるか事前に確認を

収入証紙は千葉県の場合、多くの土木事務所では申請窓口で購入できますが、申請窓口とは別の売店で購入する場合や、そもそも土木事務所には販売しているところが無く、市役所等での購入が必要な場合があります。

また、売店があったとしても閉店時間が17時前という場合もあります。

申請する土木事務所に事前に収入証紙を購入することができるのかを確認しておくことがスムーズな手続きをするコツです。
収入印紙と間違えて購入しないようにしましょう。

 

許可が取れるのかを気軽に知りたい方へ

御社が建設業許可を取得できるのかを無料で回答いたします。必要項目に入力していただければ回答を返信いたします。
もし、建設業許可が取れそうにない場合であっても、どのようにすれば許可が取れるのかを回答させていただきます。
もちろん依頼をしなくても構いませんので、気軽にご利用くださいませ!